医者と看護師
  1. ホーム
  2. 胃がんの初期症状

胃がんの初期症状

ナース

胃がんとは?その原因と初期症状

胃がんは胃の中にできる悪性腫瘍です。胃がんは肺がんに続いて死亡率の高い病気です。その原因、胃がんは初期症状が分かりにくいことが上がられます。その初期症状は、吐き気や胸やけのように胃炎に似た症状や、みぞおちに痛みを感じたりお腹が張っている感覚があったりするといった胃潰瘍によく似た症状だからです。そのため、病院へ行くことを先延ばしにする人も多くいます。それによって胃がんが進行してしまって、気が付いたときには末期になっているケースも多くはありません。そのため、最近では一年に一回は胃内視鏡検査を行なう人もいます。そうすることで、胃がんの早期発見ができるのです。そんな胃がんになってしまう原因はいくつかあります。ストレスを感じていることや、長い期間たばこを吸っていることも原因になります。また、食生活の乱れや慢性胃炎を患っていると胃がんに繋がることもあります。

スキルス胃がんと胃がんの違いは進行の速さ

スキルス胃がんはがんの一種です。その特徴は他のがん細胞よりも進行が速いことです。また、通常の胃がんと違って胃粘膜の下に広がっていくので、初期症状がほとんどなく、あったとしても少し体調が優れないくらいのものです。そのため、がんの可能性を疑い人はあまりいません。そんなスキルス胃がんは生活習慣の乱れやストレスが原因だと考えられています。また、スキルス胃がんの主な症状は吐き気や食欲不振やそれが原因での体重減少があります。また、下痢や便が血で黒くなる血便もあります。