医者と看護師
  1. ホーム
  2. 肺がんの種類と肺腺がん

肺がんの種類と肺腺がん

医者と看護師

4種類に分別

肺がんは死亡率が高い病気です。そんな肺がんは小細胞肺がんと非小細胞肺がんに分けられます。また、非小細胞肺がんは腺がんと扁平上皮がんと大細胞がんに分けられます。小細胞がんは肺がんの全体で1割以上を占めています。その特徴は、進行がはやくほかの臓器へ転移しやすいことです。さらに、小細胞がんになる人そのほとんどが喫煙者であることが分かっています。次は扁平上皮がんです。扁平上皮がんは皮膚のように角質を作るのが特徴のがんで、肺の入り口できることが多いです。また、肺がんになった人の3割はこの扁平上皮がんだと言われています。次の肺腺がんは肺の奥深くに発症するがんで、症状が出にくいことが特徴です。最後は大細胞がんです。これは、今まで紹介してきた肺がんの特徴が見つからないときに診断されます。また、進行が速いことが特徴です。

肺腺がんは肺がんの一種

肺腺がんは肺の中にある肺腺という器官にがんが発症する病気です。肺腺というのは気管支が枝分かれしたものです。そんな肺腺がんは喫煙とはあまり関係のないがんだと言われています。その原因は女性ホルモンががん細胞を誘発することがあります。また、肺の中で発生した活性酸素が原因で肺腺がんを発症することがあります。空気中にある細菌や、車や工場の排気ガスなどを取り込んだときに白血球が有害物質を取り除きます。そのときに活性酸素が発生します。しかし、そのときに活性酸素が大量発生すると、正常な細胞を傷つけてしまうことがあります。それが正常な細胞をがん細胞に変異させてしまう要因になってしまうのです。